夏期キャンプの予約を開始しました!

夏期キャンプ

サタデーランド

英語初心者を対象とした英語で教えるプログラミング教室の夏期キャンプ
7月から予約スタート!

COMING SOON:
英語とプログラミングを使って自分だけの世界を作れるサタデーランドへようこそ!
日本の7~14歳の英語初心者を対象とし、
文部科学省2020教育改革で重要視されている英語のリスニングとスピーキングが両方自然に身につくようにデザインされたカリキュラムです。
オンラインとクラスルームで行うオフラインの両タイプのクラスをご用意しております。

予約は7月から開始!

詳細

なぜプログラミングが必要なの?

プログラミングは子どもたちに必要なデジタルな遊び場です。私たちが生きているこのVUCAな世界(Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)において、子ども達にデジタル読み書きと算数から、独創性と根気強さまで、多方面にわたって準備を
させ成長させてくれるのがプログラミングです。

プログラミングは創造的自由を与えます

プログラミングは子どもの創造力の成長に必要な環境を与えてくれます。プログラミングを通して子どもはすばらしいアイデアや考えを生み出す場所を提供し、そこから生まれた独創的なプログラミングは無限大です。

プログラミングを通して得た創造的自由は、自分の力だけでやりきった実験や経験から得た最高の喜びや自信と相まって、子どもひとりひとりが思考者そしてパイオニアになれる機会を存分に与えてくれるのです。

プログラミングは思考者を育てます

プログラミングを通じて、子どもは問題を多面的に認識し、自分で理解できるまで小さく噛み砕いて考える力を備えるようになります。
プログラミングはその習性として、子どもが自然と理論的にそして形式に囚われずに問題解決に挑める考え方を身に着ける手伝いをしてくれます。簡単に解決しない問題に直面したとき、プログラマーは柔軟性を持って問題に立ち向かい、何度も何度もトライアンドエラーを繰り返し正しい答えが出るまで思考をまた方法を変えて挑む事を要求されます。その粘り強さと柔軟性を持って挑戦する習慣が結果的に子ども達が大人になってからもどんな分野においても必ず役に立つスキルとなるのです。

プログラミングは「遊びの場」としての役割をもちます

もしまだプログラミングがお子様にどのようなポジティブな影響を与えるか疑問をお持ちですか?「なぜプログラミング?」を「なぜトライさせてみないの?」に変えてみてはいかがでしょう。プログラミングが子ども達の社会性と成長をもたらすということ以上に、もっと大切なのは、子ども達に「遊びを通した学びの場」の環境を与えるということです。プログラミングを学ぶ子ども達は輝かしい成績やスキルをもっているだけでなく、彼らは自分たちの学びに情熱をもって取り組んでいます。子ども達の未来に役立つ学びの場所を大人達が提供するのは、今なのではないでしょうか。

プログラミングは読み書きと計算能力向上への大きなきっかけとなります

幼い頃から言語を学ぶことは子ども達の社会性と学力の向上に大きな影響を与えることは広く知られている事実ですが、プログラミングもまた子ども達の思考をテクノロジーと結びつける基礎的デジタル読解力を育てることが可能であると証明されています。幼い子どもがプログラミングに触れることで、新しいメディアを体感するだけでなく、新しい自己表現方法を身に着けることを可能にするのです。

プログラミングと数学は切っても切れない関係であることは言うまでもありませんが、プログラミングを学ぶ子ども達が学校の算数のクラスで常に良い成績を保っていることも事実です。また、プログラミングを学ぶことは同時に組織化、データ分析、ロジック、計算など同時に沢山のスキルを習得することが可能です。

「子ども達には何を考えればよいかではなく、どうやって考えればよいかを教えるべきである。」 マーガレット・ミード

なぜサタデーキッズでは「遊びを通じた学び」を

信念としているのか?

すべては遊びのチカラから生まれる

「なぜサタデーキッズを選ぶべきなのか?」と疑問に思われるかもしれません。

サタデーキッズでは「遊び」のなかでこそ、最大の「学び」を得られると考えています。そして、楽しみながら遊ぶことで子ども達をより効率的に「学び」に惹きつけることが可能になると考えます。我々の「学び」の哲学と教育法は目的を持った「遊び」方が基本的な概念です。そして、子どもの好奇心は、「遊び」の中から生まれることがほとんどと言っても過言ではありません。楽しむこと、自発的でのびのびと行動すること、集中して取り組むことなどの「遊び」の基本的性質が、物事や状況に子ども達が好奇心を持つための軸足となるのです。

楽しむという上で、「遊び」は子ども達の独創性を常に生み出す手助けをしてくれます。「遊び」を通して、子ども達の将来に欠かせないスキルである問題解決の対処法を学んでいきます。子ども達の好奇心は、正しい質問を投げかける勇気と完璧な解決法を見つける勇気を自然と子ども達自身に与えてくれます。「遊び」と探検心は子ども達を取り巻く世界を理解する上で必然的な要素です。

子どもが遊ぶとき、脳はリラックスした状態になります。リラックスした脳は緊張した状態のときより新しい物事を理解しやすく吸収しやすくします。「遊び」は神経連絡の働きを強め健康な脳の発達を促す手助けをしてくれます。サタデーキッズの生徒たちは積極的に学び続けることが可能となり、その結果、彼らの秘めた能力を十分に引き出しながら課題に取り組むことが出来るのです。

サタデーキッズで「遊び」がなぜ特別なのか、最終的に先生に教わるわけではなく子ども達が自分のための遊びを自分で考るから。楽しさに指標や基準なんて存在しません。「遊び」において、「学び」の可能性は無限大にあるのです。