プログラミングやロボット工学の学習と応用を通して、自分の未来のために遊ぼう

サタデーキッズでは、子どもたちのプログラミングにおけるその可能性は無限大だと考えます。  私たちはプログラミングを通して、子供たちが学んだ知識を自らが応用し、自分の未来をより良くすることに使えるスキルを身に着けてもらえるように尽くしています。

しかし、現代の子供たちは、学業の高得点のみを追求するため膨大な時間を費やし、その負担が日に日に大きくなっていることも認識しています。

もちろん優秀であることに反対なわけではありません、しかし、子供たちが自分の興味に反して強制されたときに生み出す結果については、むしろ懐疑的です。

私たちの教育学は、子供たちに遊びを通して学ぶ機会を与えることに重点を置いています。

What's do we offer at Nakameguro?

サタデーキッズ「グリーンハウス」次世代の思考者・プログラマーのための週1回のプログラミングコースを中目黒クラスにて開催いたします。

サタデーキッズ「グリーンハウス」のご紹介

サタデーキッズ「グリーンハウス」のご紹介
サタデーキッズ「グリーンハウス」

プログラミングのちからを持つ子供たちの可能性は無限大です。しかし、そのちからの習得は一朝一夕に起こるものではありません。

子供の可能性を伸ばすには、一貫性とその環境作りが必要です。

5~14歳までの子供たちを対象とした1年間のプログラミングコース「サタデーキッズ・グリーンハウス」では、定期的に長期間に渡ってプログラミングスキルを指導し、プログラミングにおける技術的な面だけでなく、教室の外でもその考え方を応用し他の分野にあてはめられるような人生において重要なソフトスキルを身につけるための楽しい学びの場所を提供いたします。
青々とした芽を出し、力強く咲く花を咲かせ、たわわな実を育てるためには、長い時間と根気が必要です。
グリーンハウスという名前はそこからつけられています。

未来を担う子供たちが力強い根を張り、大きな花を咲かせてほしいという想いを込めて。

詳しくはこちら

サタデーキッズ「プレイルーム」は、すべての子供たちに開放されたプレイスペース

サタデーキッズ「プレイルーム」のご紹介

サタデーキッズ「プレイルーム」のご紹介
サタデーキッズ「プレイルーム」

最も効果的なデジタルリテラシー教育を提供するだけでなく、すべての子供たちに実験したり遊んだりできる安全な空間を提供することが、私たちの目標のひとつでもあります。

中目黒クラスでは、子供たちにプログラミングを教えている理由のひとつは、子供たちがプログラミングの知識を日常生活の中で有意義に活用できるように手助けをすることです。 継続的な遊びや実験が子供たちの自信につながり、最終的にはその自信が子供たちの成長と発達に大きな影響を与えると私たちは強く信じています。

プレイルームは単なる遊び場ではなく、サタデーキッズが培ってきたノウハウを遊びながら自然と体験できる特別な空間なのです。

2月9日(火)と10日(水)午後3:00-5:00までサタデーキッズ「プレイルーム」を無料で開催致します。

お近くの方はこの機会に是非お越しください。

日時:2月9日(火)、10日(水)、16日(火)、17日(水)、23日(火)、24日(水)
時間:午後3~5時まで
(時間内であれば何時でも退入室可能です)
費用:無料
場所:中目黒クラス
〒153-0051 目黒区上目黒三丁目10番8号
中目黒名畑ビル2階C号室

 

詳しくはこちら

子供たちのために最善を尽くすこと

学習への漸進的で構造化された軌跡

植物にきれいな花が咲き、実が実るには長くの時間がかかります。子供たちは数えきれないほど多くの可能性を持っていますが、それは安全な環境で育まれる必要があります。

おひとりおひとりにカスタマイズされたクラス

数週間から1年という時を通じて、子供たちのことをよく知り、子供たちの学習体験をおひとりおひとりに合わせてカスタマイズしていきます。

遊びがベースの教育学

子供たちは、学習と遊びの間で選択を迫られるべきではありません。 サタデーキッズ「グリーンハウス」では、「遊び」をベースにした学習を通じて、より多くの学びを得られることを実証しています。

ご予約はこちらから

“My son was very happy with the lessons and he wants to learn more. I saw him able to learn in a fun way that interests him, I guess that’s most important.”

息子はクラスに大満足しており、もっと学びたがっています。楽しみながら興味のあるものをより深く学ぶことがもっとも重要だと感じています。

-Lucas