冬期特別ワークショップ・英語プログラミング 「電子回路をつかってジングルベルを演奏しよう!」

冬期特別ワークショップ・英語プログラミング 「電子回路をつかってジングルベルを演奏しよう!」

お近くの教室をさがす(教室一覧)&お申し込みはこちら

スケジュール一覧

フォーマット

ワークショップ

受講時間

120分

対象年齢

小学1年~中学3年

プログラミング対象レベル

初心者から

英語対象レベル

初心者~英検3級

コース概要

クリスマスソングをプログラミングを用いてちょっと変わった方法で演奏します。電気回路で本物のフルーツをコンピュータに接続し、自分の動きに合わせて音を出す方法を学びます。フルーツをクリップケーブルでつないで、人気の音楽ゲーム「ギターヒーロー」のようなリズム&音楽ゲームをつくります。プログラミング的思考で電子回路をつなげて、テクノロジーと音楽がどのように結びつくかを学んでいきます。

英語では、フルーツの名前と色に関することばを習います。

ジングルベルをみんなで楽しく演奏してみよう!

ポイント

1

「電子回路の基礎知識」

電子回路がどう作用しているかと科学的に学びます。

電気に関係ないようなフルーツや野菜でもコントローラーとして使えることや、導電性材料や絶縁体、コンピュータープログラムの実行の流れ・順序などをくわしく学習していきます。身のまわりにどれだけ電子回路が使われているかを知ることも学習のひとつです

ポイント

2

「創造的技術とゲームデザイン」

みんなが遊んでいるゲームの中身はどうなっているのか、どうして動くのか考えてみたことはありますか?

リズムを刻む音楽ゲームはどうやって機能しているのか、その基本原理を学んでから、自分たちでオリジナルのフルーツコントローラーや野菜コントローラーをつくってみましょう

ポイント

3

「楽しく夢中になれる環境で英語を自然と身につけられる」

英語学習ではフルーツや野菜に関する語彙がでてきます。「yellow banana!」「red apple!」「green cucumber!」それぞれ間違えないようにリズムを叩くフルーツミュージックバトルに挑戦しよう!

受講内容

  • 電子回路と電気についての概念
  • 電子回路の組み立て方
  • ゲームのしくみと基本原理
  • フルーツの名前と色に関する英語

プログラミングで伸ばせるチカラ

フルーツをつかった電気回路を作成して音の出るしくみを学んだあとは、学んだ知識を活かして身近にある電気製品などいろいろなものに使えるか考えることができます

授業の流れ

パート

1

イントロダクション

  • あいさつを通して英語のウォーミングアップ

パート

2

今日の英会話

  • 英単語とキーフレーズの説明(フラッシュカード、本、ビデオ使用)
  • 各レベル別にリスニングとスピーキングの練習

パート

3

プログラミング授業開始

  • 今日の授業で学ぶプログラミングの内容説明
  • 各自プログラミングを自由に設計・実践

パート

4

まとめ

  • 各自プログラミングの発表、英語の復習・演習
  • 自分のアイデアを使って実践的な演習
  • 授業後も自宅でビデオを見ながら復習・演習。保護者と一緒に自宅学習も可能(オプション)

スタッフより

「英語プログラミングスクール・サタデーキッズならではの『遊び感覚』を活かした授業では、自分の好きな事を目標に、夢中になって取り組む生徒の姿が見られます。この冬期特別ワークショップでは、生徒がゲームを「遊ぶ側」だけでなく「創る側」として見ることで、もっと好奇心を引き出し、自分の力で一歩進んだ「学び」を得られるよう進めていきます。音楽とテクノロジーがどのように創造的に結びつくのかを考え、これを応用したプログラミングの可能性について知る格好の機会です」

(当校講師:アイナ・サキナ)

習得できるスキル

  • プログラミング到達レベル : ブロックプログラミング中級から上級レベル
  • ロボット工学、電子工学、ロボット製作の基礎知識が身につく
  • 英語圏と同じ環境で楽しく積極的に英語を習得できる
  • 仲間とお互い英語を使うことで自然とリスニング&スピーキング能力が向上する
  • 間違うことを恐れず何度も口に出して練習することで確実に英会話を身につけられる
  • 質問やコミュニケーションが英語でできるようになる

オススメのワークショップ&コース

このワークショップ以外にも、冬期特別ワークショップには「コロコロSpheroのそりでサンタのお手伝いをしよう!」「Strawbeesでロボットトナカイを作ろう!」があります。シリーズで受講することでプログラミングの理解度がより深まり、総合的に学習することができます。
受講申し込みはこちら

また当ワークショップ受講者は、冬期以外にもレギュラーコースとして週一回90分の「サタデーランド」コースも受講可能です。
「サタデーランド」コースでは、より複雑なロボット構築を学び、プログラミング学習ツールScratchをつかって重要な概念を学ぶほか、Micro:bitやクリエイティブコンピューティングなど順を追って高度なプログラミングも学習していきます。
受講申し込みはこちら