プログラミングは無限大・モジュール1 ブロックベースプログラミングの基本

ご予約はこちら

開催形式

コースタイプ

ウィークリークラス (8 週間 x 2 時間クラス)

受講時間

16 時間

対象

7-10歳対象

プログラミング経験

スクラッチから始めよう:時空を超えた冒険を修了、またはそれと同様のブロックベースプログラミングの経験がある方

推奨英語レベル

英会話中級以上(英語で簡単な指示が理解できるレベルを推奨しています。英検3級以上目安)

授業料

45,000 yen

コース概要

インタラクティブなアニメーションを作りながら、プログラミングで遊ぶことが何を意味するかを理解することで、お気に入りのオフラインゲームを作ります。

Coding the Impossible 0 または「Start with Scratch」に続くコースです。
基本的なプログラミングの概念を習得し、自信を持つことができるようになります。
ゲームデザインと開発のコンポーネントとしてScratchを使ってアニメーションをプログラミングします。
オフラインプレイをコード化されたアニメーションに変換するためのロジックと、創造性を適用します。

ポイント

1

アプリケーションを通して基本的なコーディングの概念の理解を深め、より高度なコーディングの概念を紹介します。

ポイント

2

プログラミングの実世界での応用を行います。

ポイント

3

プログラミングを使って自分のアイデアを創造的に表現したり、伝えたりする練習をします。

ポイント

4

ゲームデザインと開発のコンポーネントとしてScratchを使ってアニメーションをプログラミングします。

学習項目

プログラミング、ゲーム、社会的影響が交わったところから旅を始めるにあたり、デジタルゲームの重要な構成要素の一つであるアニメーションの仕組みを学びます。

私たちが大好きなオフラインでの遊び方を画面上で理解することで、デジタルゲームとアンプラグドゲームの世界を橋渡しし、私たちが大好きなアンプラグドゲームに基づいてアニメーションをうログラミングすることで、論理性と創造性を磨いていきます。

スケートボードやヨーヨーの動きにシーケンシングのようなプログラミングの概念を適用したり、Scratchを使ってホップスコッチやキャッチボールのゲームを振り付けたりすることを考えてみましょう。

プログラミングを使って楽しくて影響力のある体験を作るうちに、基本的なプログラミングの概念をベースに、より複雑な概念を発見し、技術的な基礎と同様に重要なソフトスキルの両方を確立していきます。

このモジュールの終わりには、古典的なゲームの世界に飛び込み、未来に向けてテクノロジーがどのように進化してきたかを知り、その結果あなたのアニメーションスキルを有効に活用できるようになるでしょう。

Pedagogy

講義なし。暗記なし。正解は一つではありません。現実の生活と同じように、私たちは自分自身で物事を試し、失敗し、何が間違っていたのかを見つけ出し、もう一度試してみることが大切なのです。これらは一生涯のスキルとマインドセットであり、私たちが実際の生活の中でどのように学ぶのかをあらわしています。子供たち自身に学び方を学んでもらいましょう。なぜなら、学ぶことを学ぶ子供たちは、好奇心旺盛で、発明的で、機知に富んだ人間になり、現実の世界の問題を解決して意味のある影響を世界に与えることができるからです。

Frequently Asked Questions

1. コンピュータもプログラミングも初心者です。ついていくことができますか?

もちろんです。このコースは7歳以上のお子様にお勧めのプログラミング入門コースです。ほとんどの生徒さんがプログラミングの知識がなくても、一日の終わりには素晴らしいプロジェクトを作ることができます。

2. うちの子は学校でScratchプログラミングをやったことがあります。それでもこのコースを受講するべきでしょうか?

お子さんがScratchプログラミングについてどの程度理解されているかがわからない場合は、お子さんのScratchプロフィールのリンクをメールにてお送りください。

3. 私の子供は7歳未満ですが、参加できますか?

スクラッチは7~10歳向けに設計されていますが、すべての年齢の人に利用されています。しかしながら、6歳のお子様を10歳のお子様と同じクラスに入れることは、低学年のお子様にとって最高の学習環境とは言えません。また、3人以上のご参加者がいらっしゃれば、クラスを開催することも可能です。直接お問い合わせください。

4. 何を持っていけばいいですか?

道具や材料は全てご用意しておりますが、お腹が空いた時のために上着と軽食をお持ちください