コード・ミーツ・ワールド ・モジュール3 プログラミングで読み解く世界問題

ご予約はこちら

予約はこちら

開催形式

コースタイプ

ウィークリークラス - 8 週間、2 時間クラス

受講時間

16 時間

対象

11-14歳対象

プログラミング経験

Requires Code Meets World - Module 2 コード・ミーツ・ワールド ・モジュール2 プログラミングで読み解く世界問題

推奨英語レベル

英会話中級以上(英語で簡単な指示が理解できるレベルを推奨しています。英検3級以上目安)

授業料

45,000 yen

コース概要

Javascriptを使用してアニメーションやウェブベースの物語を作成し、大規模な提案や、世界的に大きな問題を説明する方法を学びます。KEEPIN’ IT SHORT & SNAPPY

  • Code Meets World 2に続くコースです。
  • ウェブテクノロジーのクリエイティブなアプリケーションに集点を当てた中級コースです。
  • プログラミングがどの様に地球規模の問題を解決できるのか発見できます。
  • インパクトを与える具体的なプロジェクトを作るためにウェブベースのテクノロジーを適用することに集点を当てる、4つのモジュール中、3番目のモジュールです。

ポイント

1

ゲームのデザインと、ゲーム開発入門

ポイント

2

Javascriptでウェブベースのゲームを作る

ポイント

3

データの視覚化とその目的の概要

ポイント

4

Javascriptを使ってウェブ・アプリケーションを開発

学習項目

ウィキ、レジュメ、簡単な物語ベースのゲームなどのエンジニアリングWebサイトによる情報の調達、照合、整理について学びました。

このモジュールでは、実際のデータを使用した設計とシミュレーションのための媒体としてプログラミングを使用するため、子どもたちの世界観とプログラミング 技術を高度化します。

Javascript を使って、ゲーム デザイン開発について学び、実践しながら、現実的テーマに基づいたインタラクティブな Web ベースのゲームを作ります。

次に、データの視覚化と、無数のアプリケーションとその目的について探究します。 Javascriptの知識に基づいて、Webアプリを開発しながら、データの操作、複雑な情報を学びます。

このモジュールを終了するまでには、ゲーム開発、データの視覚化に触れることができ、多くの楽器やメディアを使用して、大きなアイデアの背後にあるストーリーを共有、実証をみんなに伝えることができるようになります。

Pedagogy

講義なし。暗記なし。正解は一つではありません。現実の生活と同じように、私たちは自分自身で物事を試し、失敗し、何が間違っていたのかを見つけ出し、もう一度試してみることが大切なのです。これらは一生涯のスキルとマインドセットであり、私たちが実際の生活の中でどのように学ぶのかをあらわしています。子供たち自身に学び方を学んでもらいましょう。なぜなら、学ぶことを学ぶ子供たちは、好奇心旺盛で、発明的で、機知に富んだ人間になり、現実の世界の問題を解決して意味のある影響を世界に与えることができるからです。

Frequently Asked Questions

1. このコースはどのような子どもに向いていますか?

このコースは、プログラミングの経験があり、社会問題や地球規模の問題に関心のある11~14歳のお子様にお勧めです。

2. コード・ミーツ・ワールドとは何ですか?

Code Meets Worldは、週8回2時間のクラスで構成される4モジュールからなる1年間のコースです。カリキュラムは、子供たちのスキルと意識を全体的に向上させるために、順次、段階的に設計されているため、生徒は1つのモジュールを完了してから次のモジュールに進むことが求められます。

3. クラスには何が必要ですか?

クラスはZoom会議で行われます。お子様には、ウェブカメラ、ビデオ会議、マイクが使用可能なノートパソコン、デスクトップパソコンが必要です。クラスはパスワードで保護されており、授業が始まるとロックされます。