キュリオス・クリーチャーズ Chapter 2: バニーテールズ(オンライン)

キュリオス・クリーチャーズ Chapter 2: バニーテールズ(オンライン)

プログラミング初心者の未就学児のためのコース、キュリオス・クリーチャーズ Chapter 1: ハングリークリッターズ(オンライン)に続くフォローアップコース。
スクラッチJrを使って創造的なプログラミングの新しい概念を学びながら、クラスメートと一緒に協力しながら、プログラミングを使ってピーターラビットの物語を再構成していきます。

満席

コースタイプ

(オンライン) 45分 * 5 日間コース

受講時間

約4時間

対象

5-7歳対象

プログラミング経験

不要。プログラミング初心者を対象としたコースです。

推奨英語レベル

基本的な指示を理解できる程度。あるいは英語話せるご父兄の同伴、またはChapter1を修了した方

授業料

12,500 yen

コース概要

未就学児の注意力と興味に合わせた短時間で行われるレッスン(各45分)を通じ、ベアトリクス・ポッターの世界中の子供たちに愛され続けている名作、「ピーターラビット物語」のナレーションを行います。
Scratch Jrを使ってプログラミングやアプリケーションの概念を視覚化するオフラインの工作活動とオンラインを組み合わせ、プログラミングと世界との関連性を発見していきます。

この5日間のクラスはZoomを介してオンラインで開催されます。

お子様に必要なものは以下の通りです。
マイクとウェブカメラが使用可能であること。
インターネットの速度が25Mbps以上 (ここでお使いのインターネット速度をご確認いただけます: https://www.speedcheck.org/sg)
キーボードでのタイピング、マウスの使用、デスクトップアプリの切り替え、ブラウザの操作(新しいタブを開く、URLの入力)など、コンピュータの基本的な機能に精通していることをお勧めします。
また、技術的な問題が発生した場合に備えて、レッスン1ではご家庭の方がお近くで待機頂けますようお願い致します。
ワークシートの印刷をお願い致します(白と黒で構いません)、ハサミとのりが必要となります。
保護者の方へ:お子さまがご自分でハサミやのりを使うことができない場合は、お手伝いいただけますよう宜しくお願い致します。

ポイント

1

経験は何も必要ありません:5歳以上をお勧めします。

ポイント

2

講義はしない。暗記もしない。正解は一つではありません。現実の生活と同じように、私たちは自分自身で物事を試し、失敗し、何が間違っていたのかを見つけ出し、もう一度試してみることが大切なのです。これらは一生もののスキルとマインドセットであり、私たちが実際の生活の中でどのように学ぶべきかを示しています。

子供たちに学び方を学んでもらいましょう。なぜなら、学ぶことを学んだ子供たちは、好奇心旺盛で、創意工夫に富み、機知に富んだ人間になり、現実世界の問題を解決して意味のあるインパクトを与えることができるようになるからです。

学習項目

このコースで習得できるプログラミングスキル

  • プログラミング的思考(物事を正しく認識、分解、分類、関係性を理解、組み合わせ、改善検討する力などを含む)
  • スクラッチJr. を通したプログラミングの基礎知識
  • コンピューター以外でどうやってプログラミング概要が使われているかを理解する

このコースで習得できるライフスキル

  • 理論的思考
  • 問題解決への対処法

よくある質問

プログラミング初心者なのですが、コースについていけますか?

こちらのクラスは5~7歳対象のコースとなり、コンピューターとプログラミングの概念に触れることが目的です。サタデーキッズでは遊びを通じて学ぶことが一番効果的な学びと考えます。よってこちらのコースもまた、お子様が楽しく遊びながら学べるようにデザインされています。

学校でプログラミングを少し習ったことがありますが、こちらのコースに参加するべきでしょうか?

こちらは今までプログラミングの経験がない初心者向けのコースとなります。クラスではスクラッチJr. を使って学んでいきます。もし、お子様がスクラッチJr.、またはほかの未就学児用プログラミングクラスをご経験済みの場合は、Curious Cubs and Tiny Techiesの受講をお薦め致します。

4歳以下なのですが、コースに参加することはできますか?

5から7歳対象にデザインされたコースとなり、その年齢層が一番適しておりますので、5歳未満のお子様はお断りさせていただいております。

英語は全く話せませんが、問題ありませんか?

クラスはすべて英語にて行われますので、インストラクターの英語での説明を理解できることが求められます。または、英語を話せるご父兄がクラスのサポートをして頂くことが条件となります。

こちらのコースに参加する予定なのですが、参加するにあたって何か準備することはありますか?

Zoomを使ってコースを開催いたします。ウェブキャム/ビデオおよびマイク機能つきのパソコンをご用意ください。コース開始とともにロックされるパスワードセキュリティー完備のZoom上のクラスルームを使用致します。

こちらのコースに限り、コース内でプログラミング自体を行わないため、iPadでの受講を可能と致します。