10~12歳向けの新しいプログラミングクラス

この「プログラミングで読み解く世界問題」コースでは、今まで学んできたプログラミングの知識を使いながら、さらに上のレベルにステップアップ!

実際に起こっている世界的問題を学び、多くのデータを使って、世界を形成している大きな疑問やアイデアを探りながら分析していきます。このコースではデータ分析を基礎にHTML、CSS、Javascriptなどのコーディング言語を学習し応用しながら、ウェブベースの技術を使ってインタラクティブで探索可能なプロジェクトを完成させていきます。

ポートフォリオのウェブサイトやパーソナルwikiの参考例

インタラクティブなWebベースのプロジェクトの参考例

The GuardianNew York Timesにインスパイアされた、
変化し続ける状況と世界で最も差し迫った問題などのデータを基礎とした問題モデルとシミュレーションを扱います。

これは、ただ受動的にプログラミングを学ぶのではなく、子供たちが未来に向けて突き進むための新しい学習体験が可能なコースです。プロジェクトベース学習に根ざした教育学のもと、最も差し迫った実在する世界的課題と有望なアイデアにインスパイアされた学際的なカリキュラムであり、子供達がプログラミングのスキルをどうやって応用し実際によりよい未来に向けて活用することが出来るかを学んでいきます。

「プログラミングで読み解く世界問題」コース

各コースは8週間、合計16時間で構成されています。

モジュール1

常識を超えた発明、華麗な躍進と、ワールド・ワイド・ウェブ

2020年・秋

まず最初に現在の世界を形作っている発明やその躍進を理解し、HTMLやCSSなどの言語を学んで、自分のポートフォリオサイトを構築してみましょう。

お申し込みはこちら

モジュール2

社会的インパクトをもつメッセージ性の強いアニメーションや、危機迫る社会問題と物語

2020年・冬

Javascript を使用してアニメーションや ウェブベースの物語を作成し、大きなアイデアや社会的問題を説明する方法を学びます。

準備中

モジュール3

一言では表せない複雑なモデルをどうやってコードで表現する?

2021年・春

難しいデータや世界的問題の緊急性を伝えるための強力なモデルやシミュレーションをどのようにコードを使って作成できるかを発見してみよう。

準備中

モジュール4

あは!点と点を結んで:コードと変化とキミの最高の創造性をつなぎ合わせよう

2021年・夏

ここで学んだコードを世界問題のすべてを使ってキミの創造性のすべてを具現化してみよう。

準備中

コースについてのよくあるご質問と回答を下記にてご確認下さい。

 ご質問が見当たらない場合は、お気軽にメールにてお問い合わせください。

プログラミングで読み解く世界問題コースは、4つのモジュールで構成された1年間のプログラムです。各モジュールは8週間にわたって行われ、各クラスは2時間(合計16時間)となります。順番にモジュールを修了することをお勧めしますが、モジュール1を受講頂いた方は、その後のモジュールに連続してご登録する必要はありません。

プログラミング経験をお持ちで、好奇心旺盛な10~12歳のお子様にお勧めします。

各モジュールは段階的にクラス設計・構成がなされているため、モジュール2に進む前にモジュール1を修了して頂くことが理想的です。もし直接ご相談をご希望の方は、お気軽にメールにてお問い合わせください。

Explorablesとはインタラクティブなコンピュータシミュレーションのこと。ユーザーが物事の概念について自分自身で発見することを促し、読書やリスニングよりも積極的な学習方法といえます。Explorablesについての詳細はこちら(英語)をご覧ください。

ウェブベースの技術とは、様々な目的のためにウェブ上でコンテンツを作成するために使用されるコンピュータ言語やソフトウェアを指します。

より良い未来のために世界的に活躍するために必要な技術的な学習はもちろん、ソフトスキル(自己啓発、そして社会に積極的に貢献出来る人として育成)も身に着ける上でとても有意義なコースです。この4つのモジュールを通して技術面で学んだことを、最終的にはインタラクティブなプロジェクトに応用することが可能となります。プロジェクトはプログラミングを応用することでグローバル社会への認識を深め、現実社会に対応したものとなります。それと同時に、子どもそれぞれが持つ強みや改善できる分野を認識させ、さらに促進していきます。コースを卒業されたお子様は、ポートフォリオのウェブサイト、アニメーション、データ分析シミュレーションなど 、年間を通してより具体的で複雑なプログラミングスキルとともに世界に通用するソフトスキルを身に着けることが可能となります。

我々は智恵を求めながらも、情報の海で溺れている。世界は今後、統合者らによって動いていくだろう。統合者というのは、適時に適切な情報を組み合わせ、批判的に考え、賢明に重要な選択をすることができる人たちのことである。

E.O. ウィルソン